法被

法被の大事なポイントとは

祭

法被というのは、どうしても薄いイメージがあります。実際、夏場に着るようなものであるといえますから、基本的には薄めになっています。しかし、意外と重要な部分に布が当てられているのです。それが背当てになります。
背宛というのは、後ろ首の縁辺りにある、10cmから15cmあたりの当て布のになります。こうすることによって、神輿などを担ぐときに生地が磨耗することを押さえることができます。耐久性が高くなる、ということです。こうしたものがしっかりと作られているのか、ということをよく知っておきましょう。つまりは、汗取りがあるのかどうか、ということでもあります。
最近では非常に安い法被が手に入るようになっているのですが、それは当て布をしていないこともありますから、これは注意しておいた方がよいでしょう。法被のポイントというのはそうしたところにあるといっても過言ではないでしょう。
法被を購入する時にはこうした部分をよく確認するとよいでしょう。そうすることによって、安心してよい物を購入することができるようになります。法被を一つのファッションとして利用することができるようになりますと非常に小粋な服装として活用できることでしょう。

NOTICE